金田屋 かねちくは、昭和初期に鮮魚屋として創業致しました。
当時、保存技術が確立されていなかったため、
売り切ることが出来なく廃棄するほかなかった鮮魚を、
すり身として加工販売しました。

三代目からは、同業者との差別化を図るため、
赤碕の伝統食品である“お魚コロッケ”に注力し、今に至ります。

コロッケというと、じゃがいもを使ったポテトコロッケが一般的ですが、赤碕では古くから“魚のすり身にパン粉を付けて揚げたもの”をコロッケと呼び、お魚コロッケとして親しまれてきました。

赤碕の魂がやどった、昔ながらのお魚コロッケ、それが赤碕のソウルフード“コロッケ”です。

お魚コロッケは長らく赤碕の伝統食品として親しまれてきましたが、あらゆる物や食品が溢れる現代で、赤碕の魂が消えかかっていました。

元来熱い赤碕魂に火を着け、以前よりももっと熱く燃え上がるように、コロッケを当社の武器とすることにしました。

お魚コロッケを軸とした販売戦略で、コロッケ王国として展開することで成功いたしました。

当社はもとより、コロッケを食べていただいた地元赤碕の方々へ、熱い赤碕魂を奮い立たせる起爆剤になったと自負しております。